アレルギー科

アレルギーについて

アレルギーとは、その原因の物質(アレルゲン)に対して異常な体の免疫反応が起こることです。私たちの身体には、病気を引き起こす異物(=ウイルス等)から守る仕組みが組み込まれており、これを「免疫」と呼んでいます。

アレルギーと聞くと、「身体に合わない」、「拒否反応」というイメージが強く、そのような形で言葉が使われることもあるのですが、正しくはありません。血液中にある「IgE」という抗体が反応することによりアレルギー反応が起こるのです。

「IgE」は敏感で、細菌やウイルスではなく、特定の物質(例えばダニやスギ花粉、食物等)に対して過剰に反応すると、身体に様々な症状が引き起こります。これが「アレルギー反応」です。体内に増加しすぎるとアレルギー反応が起こります。アレルギー体質の方は、この「IgE」が作られやすい体質なのです。
年齢を重ねていくにつれて、反応はおさまってくる方がほとんどですが、花粉症などは、毎年体内にある「IgE」が増えていき、ある年鼻や目にアレルギー反応が起こるという場合もあります。何がアレルゲンになるか、どういう反応がおこるかは、個人差があります。

対応疾患

よくある症状

  • 目のかゆみ
  • くしゃみ
  • 鼻水
  • のどのかゆみ
  • じんましん
  • 体がかゆい

など

当院で行なっている検査

当院で行なっている治療

  • 抗アレルギー薬などの処方
  • スギ花粉症の舌下免疫療法
  • ダニ(ハウスダスト)の舌下免疫療法