新型コロナウィルスPCR検査

更新:7月7日
海外渡航前・症状のない方の自費PCR検査は比較的空きがございます。最短で、当日の受診が可能です。LINE予約をお願いします。
クリニックのオペレーションを行いながらの対応が難しいため、お電話での予約や個別相談は現在行っておりませんので、お電話はお控えくださいますようお願いします。また、メールでお問い合わせいただいても、個人のお問い合わせには、お時間を頂く場合があります。

下の表を御覧いただき、ご自身が自費・保険診療のどちらの対象となるかご確認ください。
・個人の患者様はLINEからご予約をお願いいたします。
・企業・団体の方は、問い合わせフォームからご連絡・ご予約ください。

海外渡航前にPCR陰性証明が必要自費でのPCR検査となります(保険適応にはなりません!)
現在症状はないが、新型コロナが心配自費でのPCR検査となります(保険適応にはなりません!)
発熱・咳・息切れなど感染が疑わしい症状がある保険診療(公費)でPCR検査が受けられます。
※ 当院は2020年7月3日時点で、唾液からのPCRのみ行っており、症状が出て9日以内の方に限られますのでご了承ください。

当院(大森町駅前内科小児科クリニック)は厚労省・都道府県からの委託を受け、唾液によるPCR検査が可能になりました。

LINEで事前にご予約いただき、予約制でPCR検査をお受けいただけます。
結果がでるまでは自宅待機となります。

メディアで見るような鼻の奥から検体を採取するのではなく、当院では、どこよりも早く唾液によるPCR検査を採用しております。
(2020年6月18日時点)

専用の容器に、唾液を「1~2mL」入れる、という簡便なもので、お子様~大人どなたでもお受けいただけます。
お子様の年齢制限は設けておりませんが、唾液を口の中でためて出すことができれば検査は可能です。

厚生労働省は2020年6月2日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)疑いの症状が出てから9日以内の場合に唾液を用いたPCR検査を可能とすることを発表しました。

<保険診療の場合> 当院の受診~PCR検査の流れ

LINEでの完全予約制です。電話でのご予約・相談は対応しておりませんのでご了承ください。
※PCR対応可能時間: 平日  9:30〜11:30
          土・日  14:00〜15:30
          祝日  対応なし
 

事前にLINE予約(診療科選択から「保険PCR」を選んでください)をお願いいたします。
※上のPCR対応時間帯以外にご予約いただいても検査件数の都合上、保険でPCR検査は受けられません。枠が空いていない場合は、翌日以降にご予約ください。お電話をいただいても検査件数が決まっているため、お受けできません。
対応時間以外に「内科」から予約をとってご来院された場合は、PCR検査はお受けいただけませんのでご了承ください。他の患者様のご迷惑となりますので、絶対にお避けくださいますようお願いいたします。

クリニックに到着されましたら隔離スペースにご案内いたします

医師が必要と判断した場合、同日、以下の検査を行います。

血液検査おもに炎症反応を評価します
胸部レントゲン検査現時点での肺炎の有無を評価します
PCR検査唾液による検査

フォローアップの方法は医師の判断にお任せください。
結果がでるまでは、自宅待機となります。
PCR検査の結果が「陽性」の方のみ、「検査2日後の午前中までに」お電話で連絡いたします。陰性の方への電話連絡は行っておりませんのでご了承ください。
個人への結果用紙・診断書などの送付は、原則行っておりませんので、ご了承いただける方のみご受診ください。データをご希望の方は、ご来院いただき、医師の結果説明をお聞きください。

当院でのコロナPCR検査について

当院では上記の対応時間帯に受診いただいた当日にコロナPCR検査が可能です。

以下の方が対象となります。

  • お子様~大人(唾液を1~2mLためられる方であれば、どなたでも可)
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)疑いの症状が出てから9日以内
  • 医師が必要と判断した方

コロナPCR検査を受けられる方へのお願い

  • 結果が判明するまでは自宅待機となります
  • 結果が陽性の場合は、入院もしくはホテル療養となります
    (何らかの症状がある場合、基礎疾患がある場合、65歳以上の場合等は入院となります)
  • 唾液を採取しますので、1時間以内に飲食や歯みがきなどはお控えください

PCR検査を受ける方への説明文書

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/pcrleaflet.html

ホテル療養に関する説明

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/syukuhaku.html

コロナPCR Q & A

新型コロナウイルスPCR検査はどこで受けられますか‽

当院でお受けいただけます。
2020年6月4日時点では、唾液によるPCR検査のみしか行っておりませんのでご了承ください。

鼻の奥から検体をとる方法と、唾液によるPCR検査は、なにが違うのですか?

鼻の奥まで細い棒を入れてとる方法は、患者さんの苦痛を伴うほかに、せきやくしゃみが出るため、飛沫やエアロゾルが発生するおそれがあります。
一方、唾液によるPCR検査は、5分ほどかけて口の中に唾液をためて、それをご自分で専用容器に入れて渡していただく、という簡便なものです。
問題点は、鼻の奥から検体をとる方法より感度が低い可能性がある点です。
もともと鼻から採取しても、感度70%前後と言われており、「陰性」であっても後日再検査をしたときに「陽性」となる可能性があります。
日本のデータで、2つの採取方法を比べると、発症から9日目まではいずれの検査キットでも高い陽性一致率でしたが、10日目以降は低下したため、唾液を用いるのは症状が出てから9日以内の患者に限定されています。

症状は全くありませんが、PCR検査を受けられますか?

受けられます。
詳しくは こちら

PCR検査の費用はどのくらいかかりますか?

医師が必要と判断してPCR検査を行う場合、保険適応となります。
行政負担となりますので、「PCR検査分」は患者さまの金銭負担はありません。
通常の診療分の費用はかかりますのでご了承ください。
採血・レントゲンをあわせて評価するため、3割負担の患者さんで、5000~6000円以内となります。