風邪(かぜ)

風邪(かぜ)とは

風邪(かぜ)は、鼻やのど(上気道)に炎症がおきている状態のことです。
鼻やのどの粘膜から感染がおきた結果、発熱、咳(せき)・たん、のどの痛み、鼻水、くしゃみといった症状がでます。

風邪(かぜ)の原因

風邪の原因の9割以上は “ウイルス”によるものです。
ウイルスの他には、細菌(ばい菌)、マイコプラズマ、クラミジアなどが知られています。

主なウイルスとして、

  • ライノウイルス
  • アデノウイルス
  • RSウイルス
  • パラインフルエンザウイルス
  • コロナウイルス

などが知られています。
ほとんどは1週間ほどで、自然に治ります。

抗菌薬(抗生物質)は、細菌(ばい菌)に対するおくすりなので、ほとんどの風邪には効きません。

お子さまの場合は、RSウイルスによって、肺炎・気管支炎になり入院が必要になるケースもあります。
アデノウイルスは、プール熱ははやり目などの原因になり、周囲にうつさないための工夫が必要になりますので、医療機関にご相談ください。

風邪(かぜ)とインフルエンザの違い

インフルエンザは、インフルエンザウイルスが原因でおこる気道感染症です。
一般の「かぜ」と比べて症状が重いことが多く、次の図のような違いがあります。

その症状はインフルエンザ or かぜ?

症状インフルエンザかぜ
症状の始まり方急に徐々に
高熱通常ありまれに
カラダの痛み通常ありわずかに
さむけありありあまりない
だるさ通常ありときどき
くしゃみときどきよくある
鼻づまりときどきよくある
のどの痛みときどきよくある
よくある少し
頭痛よくあるまれに
Source:CDC

風邪(かぜ)の症状

咳(せき)がとまらない

外来を受診するきっかけとして、とても多いのが、「咳」です。
「咳が発作的にでてツライ」あるいは「咳で夜眠れない」といった訴えです。
多くは数日〜1週間で治まりますが、2〜3週間以上つづくこともよくあります。
実は診断をつけるのは少しやっかいです。

  • 「咳ぜん息」という8週間以上咳が続く疾患の初期症状
  • 百日咳やマイコプラズマなど
  • 気管支ぜん息
  • 後鼻漏(こうびろう): 鼻水がのどの奥にたれ込んでしまい、咳がでる
  • 肺炎
  • アトピー咳嗽(がいそう)
  • 肺気腫(はいきしゅ)/ COPD

など、たくさんの可能性があります。

これらの病気がなく、8週間以内に自然に咳がなくなった場合は、感染後咳嗽(がいそう)であったのかな、という評価になります。
感染後咳嗽は、風邪のあとに気道の炎症のダメージが刺激になって咳が続くものと考えられています。

「咳ぜん息」と「ぜん息」の違い

咳ぜん息は、気管支ぜん息とは別のものです。
治療は似ているのですが、気管支ぜん息のように「ヒューヒュー」と胸の音が聞こえることはありません。
咳ぜん息は、風邪をひいた後にみられることが多く、

  • 喘息といわれたことはないが、8週間以上咳がつづく
  • 気管支(きかんし)を広げるくすりが効く

といった経過から疑われる疾患です。

抗菌薬(抗生物質)や咳どめはあまり効果はなく、治療は気管支ぜん息と同じように、

  • 吸入ステロイド薬
  • 気管支をひろげるくすり

などが有効です。

咳ぜん息でお困りの方の中には、将来的に気管支ぜん息を発症してしまう方もいらっしゃいます。

熱がなかなか下がらない

微熱が3-4日間つづくことは、かぜの経過でよくあることです。
1日の中でも体温の変動がありますので、解熱したと思って翌日にまた熱があったとしても、驚く必要はありません。
熱のピークが、日が経つにつれて下がってきていれば、問題ないでしょう。
そのような経過をたどらず、一向に熱が下がらない場合は、「熱以外の症状の変化」がとても大切です。

大人の場合は、肺炎(せき・たんがよく出る、息苦しい)、尿路感染症(背中の痛み、尿がきたない)をまず考えます。

お子さまの場合は、かぜに続いて中耳炎をおこしたり、肺炎になることもありますので、熱が下がらないときは慎重に経過をみる必要があります。

時に、髄膜炎になってしまったり、後から見れば川崎病の初期症状であった、ということもありますので、医療機関で相談し、「熱以外の症状の変化」も見てもらいましょう。