アレルギー検査

アレルギーの原因

アレルギーとは、その原因の物質(アレルゲン)に対して異常な体の免疫反応が起こることです。私たちの身体には、病気を引き起こす異物(=ウイルス等)から守る仕組みが組み込まれており、これを「免疫」と呼んでいます。
アレルギーと聞くと、「身体に合わない」、「拒否反応」というイメージが強く、そのような形で言葉が使われることもあるのですが、正しくはありません。
血液中にある「IgE」という抗体が反応することによりアレルギー反応が起こるのです。

アレルギー反応とは

「IgE」は敏感で、細菌やウイルスではなく、特定の物質(例えばダニやスギ花粉、食物等)に対して過剰に反応すると、身体に様々な症状が引き起こります。
これが「アレルギー反応」です。
体内に「lgE」が増加しすぎるとアレルギー反応が起こります。
アレルギー体質の方は、この「IgE」が作られやすい体質なのです。
アレルギー反応は、年齢を重ねていくにつれておさまってくる方がほとんどです。
ですが、例外もあります、それは「花粉症」です。
体内にある「IgE」が増えていき、ある年いきなり鼻や目にアレルギー反応が起こるという場合もあります。
何がアレルゲンになるか、どういう反応がおこるかは、個人差があります。

アレルギー検査で分かること

アレルギーには様々な種類や感染経路があります。
血液検査では、「アレルゲン」に対して反応する「IgE」の量を調べることで、アレルギーの有無や程度を調べます。
「IgE」の量をクラス0~クラス6まで分類します。「クラス0」なら反応なし、「クラス6」なら反応が非常に強いという判定となります。
おおよその目安として、結果が「クラス1~2」の場合は静観、「クラス5~6」であればアレルギー反応があるとして対応します。
中間である「クラス3~4」の場合は実際の症状と照らし合わせて対応する形となります。ですが、あくまで採血上の結果なので目安となります。

この検査を「RAST」(特異的IgE抗体検査)と呼び、不特定の「IgE」の合計量を調べる検査を「RIST」(非特異的IgE検査)と呼んでいます。また、これらの「IgE」を調べる検査とは別に、じんま疹の原因物質であるヒスタミンの量を調べる「HRT」(ヒスタミン遊離試験)もあります。

そんな中で、39項目の代表的なアレルギー物質に対する反応を調べることができるのが「VIEW39」です。アレルギーの原因物質となる19種類と食物系のアレルギー20種類を調べることができます。

View39の検査でわかるアレルギー 一覧

塵系ヤケヒョウヒダニ、ハウスダスト
樹木系スギ、ヒノキ、ハンノキ、シラカンバ
草系カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、オオアワガエリ
動物系ネコ、イヌ
昆虫系ガ、ゴキブリ
カビ系スズカビ、コウジカビ、カンジダ、マラセチア、ラテックス
卵類卵白、オボムコイド(加熱卵料理)
牛乳ミルク
小麦系小麦
豆、穀物、ナッツ類ピーナッツ、大豆、ソバ、ゴマ、米
甲殻類エビ、カニ
果物類キウイ、リンゴ、バナナ
魚、肉類マグロ、サケ、サバ、牛肉、豚肉、鶏肉

アレルギー検査を受けるタイミング

アレルギー反応がでる食べ物を食べ、じんましんが出たり、皮膚が腫れる。
特定のシーズンでは鼻水が止まらず、顔も痒くなるなど、疑わしい症状がある際にはアレルギー検査を受けていただきたいです。
採血により原因がわかるため、辛い思いをしなくて良いように事前に予防することができますし、そういったアレルゲンから自身を守る術にもなります。

アレルギー検査の注意点

アレルギー検査の結果は、あくまで採血上の結果となり、目安となるため断定できないところに注意が必要です。
特定の状況で症状があれば、検査結果で高い数値が出ていなくてもアレルギーがあるということになります。
なので、検査結果はあくまで目安とし、実際に症状が出てしまった場合はその状況を避けたり、対策していくことが重要です。