脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症(高脂血症)について

血液の中のコレステロールや中性脂肪が高い状態です。
動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳卒中などのリスクが高くなります。

脂質異常症(高脂血症) Q&A

症状がない場合は放置してもいいですか?

心筋梗塞や脳卒中を予防するために放置してしまうと、心筋梗塞や脳卒中になる可能性が大幅に上がります。
知らないうちに動脈硬化(血管が硬くなる)が進んで、血管が詰まりやすくなります。
一度動脈硬化が進んでしまうと、今のところ有効な治療はありませんので、早めに治療しましょう。

LDL / HDL / 中性脂肪など、どの数値を気にすればいいですか?

結論から言うと、LDLコレステロールです。
お薬でLDLをしっかり下げましょう。
これは「悪玉コレステロール」と言われるものの代表格で、低いほど良いです。
HDLは「善玉」と呼ばれ、これが低いのも良くありません。
HDLを上げるには、薬は今のところないので、運動が推奨されています。
中性脂肪は後述します。

どうやったらLDLは下がりますか?

食事のコントロールではなかなか下がりづらい事が分かってきました。
LDLの目標値は、心筋梗塞などの既往や糖尿病などの合併症の有無、年齢や喫煙歴などによって変わってきます。
必ず医師に相談し、必要と判断されたら速やかにLDLを下げる薬を始めましょう。
薬で下がるケースはとても多いです。

中性脂肪が下がりにくいのは何故ですか?

中性脂肪はLDLコレステロールと比べると薬で下がりづらい傾向があります。
肥満・脂の多い食事・運動不足などが関連し、食生活や運動習慣の改善が大切になってきます。
数値が高い方は急性膵炎のリスクにもなりますので、医療機関を受診しましょう。

(S Pedersen et al. JAMA Intern Med.2016;176(12):1834-1842.)