インフルエンザ

こちらの記事は、厚生労働省、国立感染症研究所感染症情報センター、CDC(米国疾病管理予防センター)の情報をもとに書かれています。

インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。
38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身のだるさなどの症状が、比較的急速に現れるのが特徴です。
普通の風邪(かぜ)と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳などの症状もみられます。
お子さまでは、まれに急性脳症を、ご高齢の方や免疫力の低下している方では、肺炎を伴うなど、重症になることがあります。
日本では、例年12月~3月が流行シーズンです。
一般の「かぜ」と比べて症状が重いことが多く、次の図のような違いがあります。

その症状はインフルエンザ or かぜ?

症状インフルエンザかぜ
症状の始まり方急に徐々に
高熱通常ありまれに
カラダの痛み通常ありわずかに
さむけありありあまりない
だるさ通常ありときどき
くしゃみときどきよくある
鼻づまりときどきよくある
のどの痛みときどきよくある
よくある少し
頭痛よくあるまれに
Source:CDC

インフルエンザ Q&A

インフルエンザにかかってしまったら、学校や仕事に行けるのはいつから?

大人の場合

大人には、何日までは出勤してはいけない、という決まりはありません。
一般的に、解熱してから2日目までが外出自粛の目安です。

小児の場合

学校や園に通うお子さまの出席停止の期間は、

発症してから5日経過(発症日は5日に含めません)
かつ
解熱してから2日(幼児は3日)

とされています(学校保健安全法施行規則第19条)。

インフルエンザの出席停止はいつまで?

Source: 学校保健安全法施行規則第19条

ただし、病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めたときは、この限りではありません。
出席停止の期間が学校・園によって定められている場合もありますので、詳しくは、各学校・園にお問い合わせください。

インフルエンザの治療薬にはどのようなものがある?

点滴のおくすりもありますが、ここではクリニックで処方される抗インフルエンザウイルス薬をご紹介します。
もっとも歴史の長いタミフル®に続き、吸入薬であるイナビル®・リレンザ®、最近新しくでたゾフルーザ®があります。

クリニックで使うインフルエンザ治療薬

タミフル®️ イナビル®️ リレンザ®️ ゾフルーザ®️
飲み薬/シロップ 吸引 吸引 飲み薬
1日2回 5日間 1回 1日2回 5日間 1回
*2,720円 *4,280円 *2,940円 *4,780円
予防投与あり 予防投与あり 予防投与あり 現時点で適応なし
臨床試験中

*10割負担の薬価です。3割負担の方は、こちらの価格の3割です。(全国共通)
2019年7月作成

お子さまの場合は、年齢・体重にあわせて、シロップがあるタミフル®を使用するケースが多いです。
リレンザ®も使用できます。

インフルエンザ予防のためにはどうすればいい?

  • 流行前のワクチン接種
    できれば12月中旬までにワクチン接種を済ませるようにしましょう。
  • 手洗い
  • 適度な湿度を保つ
  • 休養とバランスのとれた食事
  • 人混みを避け、マスクをつける

ワクチン接種は1回で良い?

13才以上の方は、1回接種を原則としています。
13歳未満の方は、2回接種です。
1回接種後よりも2回接種後の方がより高い抗体価の上昇が得られることから、日本ではインフルエンザワクチンの接種量及び接種回数は次のとおりとなっています。

6カ月以上3歳未満の方 1回0.25mL 2回接種(注)
3歳以上13歳未満の方 1回0.5mL 2回接種
(注)一部のワクチンは、「1歳以上3歳未満の方 1回0.25mL 2回接種」となります。

詳しくは、厚生労働省 インフルエンザQ&A をご覧ください。
インフルエンザQ&A|厚生労働省

タミフル®と異常行動の関係

平成19年、タミフル®を飲んだ中学生の転落死2例が大きく報道されました。
その後、10年にわたり科学的に検証した結果、タミフル®と異常行動の直接的な因果関係は立証されませんでした。
2018年、厚生労働省の発表があり、10才代へのタミフル®の使用制限が解除されました。
タミフル®だけあぶないというわけでなく、全ての抗インフルエンザウイルス薬で注意が必要、ということです。
また、インフルエンザ感染、高熱によって、異常行動がみられるリスクはありますので、慎重に見守る姿勢が大切であることには変わりありません。

厚生労働省 | 抗インフルエンザウイルス薬の安全対策について 2ページ目「3 今後の予定」